【大阪】パパ活女子が知らない裏穴とは?知って得するお話

大阪でパパ活をしている女子が知らない裏穴とはいったい何なのでしょうか?

裏穴という言葉は、いわゆる裏に隠れた落とし穴のこと。
パパ活をしている女子は常に危険と隣り合わせでいるということを理解して活動しなければなりません。

そんなことよりももっと稼げて安全なことをしたほうがいいと思いませんか?

そもそもパパ活とは?

パパ活と言えば、もともと男性と食事やデートをする代わりにお金をもらうというシンプルなものです。

ですが、今では性的な内容まで行う女子が増えてきているということで、性犯罪につながることも多いようです。

本当に食事やデートだけでパパ活を行っている方もいると思いますが、男性は生存本能として子孫を残す生き物ですので、理性が効かない状態になってしまっては襲われてしまう可能性もあります。

自分は大丈夫と思い込んでいると恐ろしい裏穴に落ちてしまうかもしれません。

パパ活の裏穴!こんな危険が・・・

パパ活をしている方のお話の中で耳にした内容です。

●1事例
食事のみで数回会っていた男性にデートに行こうと誘われ行った先で男性が複数待っていた。
●2事例
デートをに行っていたときに、突然車でラブホテルに入られ、お金を出すからと迫られた。

このような話はけして少なくないです。

つまり、パパ活は健全に行っていても男性側からルールを破ってくる場合は対処しきれないということ。

とても危険な行為であることを認識しておかなければ、こういった裏穴に落ちてしまうかもしれません。

パパ活でしてしまうなら風俗のほうがいい

風俗では働きたくないが、パパ活はしているという女子は意外に多いのではないでしょうか?

風俗=仕事
パパ活=遊び

こんな感覚をもっているがゆえに、嫌がるケースもあります。

しかし、パパ活で負うリスクに比べたら圧倒的に風俗で働くほうがいいと言えます。

理由として挙げられるのは「安全面」です。

パパ活であった男性と本番行為を行う場合、その男性に暴力を振るわれたり、乱暴な行為をしてきた場合でも助けてくれる人はいません。

さらに、部屋に行ったら複数にいたとなった場合も同様に一人でなんとかしなければなりません。

さらに、行為が終わった後にお金を支払わないといわれて逃げられたとしても、一人で取り立てるのは難しいでしょう。

このように、守られていない状況というのはリスクが大きいのです。

風俗の安全面は?

風俗が安全面に力を入れているのは当然と言えます。もし、そのお店で問題が起きた場合はすべて店側の責任になってしまうからです。

だからこそ、女性の病気検査や体調管理などにも力を入れていますし、男性客に対しても禁止事項を遵守するように伝えています。

そして、もし男性客が女性に禁止事項を働いた場合、お店側が全力で守ってくれます。

正直、パパ活で本番行為をしてしまうぐらいなら風俗店で安全に働いたほうがいいのではないでしょうか?

稼ぎに差が出るかもしれませんが、それでも非常に高額のお給料をもらうことができるのでおすすめです。

人気の風俗求人は?

様々な風俗店がある中で、安全なところを見つけるのは大変です。
そこで、体制の整った人気店をいくつかピックアップしましたので、参考にしてみてください。

スパーク

https://www.spark-recruit.com/

多くの店舗を展開しているスパークグループのお店です。
セキュリティ面も万全で働いている女性からの評価も高いようです。
高時給で安心して働くならおすすめです。

スパーク求人

REAL

https://real-recruit.com/

創業22年の大手風俗店グループで多数の店舗を持っています。
多くの女性が働いているため、管理体制にも定評があるようです。
安心して働くにはおすすめのお店です。

REAL求人

XOXO Hug&Kiss

https://xoxo-hug-and-kiss.com/s/recruit

美人が勢ぞろいのお店。セキュリティ面や女性のケアについても定評があるようです。
管理体制もしっかりしているので、働いている女性の評価も高いようです。
安心して働けるおすすめのお店です。

XOXO Hug&Kiss求人

大阪でパパ活していると陥る裏穴

大阪でパパ活をしていると陥る裏穴とは、性犯罪につながる落とし穴のことだと言えるでしょう。

確かに稼げるかもしれませんが、リスクがあまりにも大きいので、今すぐやめるべきだと思います。

本番行為をしない方でも、危険なことには変わりないのでキャバクラやガールズバーなどで働くほうがいいでしょう。

本番行為をするのであれば、風俗店で務めているのが安全です。
しっかりと守られた状態でがっつりと稼げたほうがいいはず。

働いたことがないなら一度体験してみてもいいのではないでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました